macbook air(late2010)でmacOS Sierraにクリーンインストールしてみた

Pocket

2010年のmacbook airを最新macOSのSierraにしてみるとどうなるのか。使っているアプリはAdobeのCS5とかあるけど、今はmacbook airじゃなくてiMacで作業することがほとんどだし、ADOBEはCC使ってるから仮に新しいPC買っても問題ないし、airでは文章書いたりブラウザの閲覧がほとんど。中身空っぽにしてSierraをクリーンインストールしてみたらもうちょっと使えるんじゃないかと。

macbook airのバックアップ

バックアップは基本的にTime Machineにするのが正解。アプリとかはAppでDLすればいいし、データはほとんどクラウドだから中身が空っぽになっても問題なし。ボクの場合は、基本的にパソコンの中にはデータは保存しないタイプ。一時的に置いておくことはあるけど、大切なデータに関してはクラウドかNASの2択。クラウドはいろいろ使ってたけど、今はGoogledrive、AdobeCC、Onedriveに落ち着いているかな。外出先で使うようなデータはクラウドに保存しておくのが吉。

バックアップが終わったらSierraをインストール

macbookairに最新OSをインストールする。何分もかかるけど他のことしてれば問題なし。インストールが終わったら後はクリーンインストールするだけ。基本的にmacのOSアップデートは直感的にできるから大したことしなくていい。

クリーンインストールは再起動で⌘+Rから

再起動するときに⌘キーとRを押しながらするとユーティリティとかの画面が出てくる。ここでクリーンインストールするだけ。